建築士のプランその4 | 楽しくおうちを建てる
RSS | ATOM | SEARCH
建築士のプランその4

また別のプランを作成するに当たり、
打ち合わせが無駄にならないように
先にメールで送ってもらうことになりました。
建築士のポリシーとして、メールで送ると意図が伝わらないというのがあったのですが、
もう何度も打ち合わせしている建築士なので
そこはメールでも大丈夫という話になりました。

送ってもらったプランですが、外形はそのままで
中身がスキップフロアになっていました。
まあイメージ通り、と思いましたが
なんだか今ひとつだったので細かい要望を言って
次の打ち合わせに望みました。

今度の打ち合わせもファミレスです。
前回より1時間遅らせましたが、
できれば日付をまたがないうちに帰りたいと思ってました。
打ち合わせは修正案も取り入れられていてほとんど直すところもなく、
すんなりことが運びました。
雑談もたっぷりしてしまったので、結局日付をまたいで
5時間以上も話してしまいました。
この方と打ち合わせすると、きっと他の施主さんもこんな感じだったのかなと思っています。

さて、家に持ち帰ってほとんどこれで決まりかなあと思っていたのですが、
なんだか頭の中で「本当にこれでいいのか?」というのが
リフレインしていて3、4日十分に考えました。
その結果、やっぱり外形を変えたほうがいいということになりました。
いただいたプランは外形が非常に面白く、とてもよかったのですが、
全体的になんだ小さく狭く見えました。
家は外形ではなくてやっぱり中身、という結論になりました。
そこでおもいきって「こういう形で」と後日、建築士の方にお願いしてみました。
外見の面白さは半減、それ以上減りますが、
それでも中身しだいで十分楽しい家になると思っています。

そういうわけでまたまたまた別のプランを要求してしました。
何度も申し訳なかったです。
早く決めないと入居がどんどん遅れてしまいます。
消費税、来年度に上がらないと思いますが。
やっぱり入居は来年度になるんだろうなと思っています。


author:kizuneko, category:おうち, 00:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://nyu.breakcats.com/trackback/57